骨粗鬆症|茨木市のとくいクリニック 骨折

とくいクリニック
内視鏡のご予約・お問い合わせは 072-636-1091 女性専用トイレ完備(ベビーベッド ベビーチェアあり)
メニュー

整形外科・その他

骨・関節・筋肉などの病気を診療

整形外科では、主に骨・関節・筋肉・神経など、運動器系の疾患を診療します。具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。
当院では、あらゆる年齢層の患者様の縫合や固定等、初期対応をさせて頂きますが、専門的な加療が必要と判断した場合は、相談の上適切な専門医へ紹介致します。
皆様の「かかりつけ医」としてご活用ください。



このような症状はご相談ください

  • 首、肩、腕、肘、手の痛み
  • ばね指(弾発指)、突き指
  • 背中、腰、股(こ)関節、脚、膝、足の痛み
  • 肩こり、首こり、むち打ち症
  • 手や足などのしびれ、こわばり
  • 骨折、打撲、脱臼、ねんざ
  • 爪まわりの痛みや腫れ、爪のくい込み
  • 各種外傷(切り傷、すり傷、やけど、床ずれ等)
  • スポーツによるけが、運動中の体幹(胸部、腹部、腰部、背部)や手足の痛み など

症状別にみる整形外科の代表的疾患(対象疾患)

よく見られる症状 考えられる主な疾患
首の痛み
肩のこり
頸椎症(けいついしょう)、頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)
肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、腱板損傷(けんばんそんしょう)
腰の痛み 急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛
足の痛み 足底筋膜炎(そくていきんまくえん)、有痛性扁平足
足指の痛み 痛風、外反母趾(がいはんぼし)、陥入爪(かんにゅうそう)
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障(ちゅうないしょう)、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷(じんたいそんしょう)、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫(かんせつすいしゅ)、関節ねずみ
手・手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎(けんしょうえん)、手指変形性関節症
指の痛み 突き指、デュピュイトレン拘縮(こうしゅく)、ばね指(弾発指)
ももの付け根の痛み 変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)、単純性股関節炎
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

ぎっくり腰について

いわゆるぎっくり腰(急性腰痛)は、急に腰部に激痛がはしる症状です。原因も無く急に発症して、ひどく痛むのにもかかわらず、なぜか自然と治る腰痛のことです。 布団や物を持ち上げるとき、顔を洗うとき、靴下を履くとき、背伸びをした瞬間、急にスポーツをした時などに、その場にうずくまってしまうほどの激痛が走ります。あまりにも強い痛みが突然襲うようにやってくることから、欧米などでは「魔女の一撃」などとも呼ばれています。多くは原因がわかりません。しかし、時の経過と共に改善していきます。


ぎっくり腰の治療

自然に治る場合がほとんどですが、痛いので、痛みを和らげる治療を行います。治療には主に薬物療法とリハビリがあります。

薬物療法
痛み止めを内服します。すぐに行える一番手軽な治療ですから、よく行われていますが、内服の仕方を工夫すると、より有効です。
リハビリ(当院ではリハビリは行っておりません)
リハビリを行ったからと言って損傷した組織が修復されるわけではないのですが、強い痛みが和らぐことがあります。ポイントはリラックスで、肉体的にも精神的にもリラックスしてゆったりすることが重要です。具体的には腰部を温め、腰部や股関節周囲の緊張した筋肉をマッサージやストレッチで緩めていきます。

交通事故による外傷

いわゆる「むち打ち症」(外傷性頸部症候群)や骨折、打撲をはじめ、交通事故に伴う様々な外傷や痛み、体の不調などの検査・治療を行います。
事故直後は、あまり症状が感じられなくても、実際には損傷を受けている場合があります。また、症状が慢性化する恐れもありますので、交通事故に遭われた際は、自覚症状が軽かったり、痛みが無かったりするようでも、一度は医療機関を受診されることをお勧めします。